2014年06月28日

自分を受容するということ


このビデオは、「パートナーシップについて」という
タイトルがついていますが、自己受容について
タイ(意味:師、ティック・ナット・ハンの呼び名)が
柔らかく、一言一言噛みしめるように語っています。

自分を受容し愛することは、世界を受容し愛すること。

Q&A「パートナーシップについて」ティク・ナット・ハン / Thich Nhat Hanh, "about partnership" from Thay日本語プロジェクト on Vimeo.




何度聴いても、また違った気づきを得ることの
できるタイの言葉だと思います。

あそこが解らない、ここが解らないと言うよりも、
行動で実践してみることで、また味わい、
理解が深まる、そんな感じがしています。


posted by mitsuko at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフル

選択上手をめざす〜


いやー、よく降ります。
こんなに梅雨らしく雨がふる年も珍しい
ですね。

晴れ間を狙ったり、部屋干しをしたりと
めざせ洗濯上手。

ではなくて、こちらは選択上手。。。
オヤジギャク…すみません。

結局、自分のために選ぶのは自分自身なん
だけど、そのプロセスも一人で「頑張る」
と、案外、選択の幅は広がらず、
悩むに悩んで選択しないということ
になることも多い(それがいい選択だという
判断する場合もありますが)

選ぶプロセスでは、コーチングという
プロセスを使うことも出来るし、
その道のプロに訊くということもできる。

ただ、気を付けないといけないのは、
「こうしなさい」
「私が言うことに間違いないのよ」

という方々も結構周りにいたりしませんか?

「簡単じゃん。その問題、解決。」

そうなのかなあ。。。

急がば回れで、コーチとクライアントという
関係性の中で、対話すると、
もっと、奥深い選択ができるのでは?

自分の盲点になっているところに
光を当てることもできる。。。

選択肢って多ければ多いほど、いいわけでもない、
そんなことをこちらのブログで書いてみました。

選択上手になる


ご興味あれば、どうぞ。



posted by mitsuko at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング

2014年06月27日

Buddy Holly


1959年、飛行機事故で亡くなったBuddy Holly.
この曲は、死後、60年に発売されたアルバムで
世に出たもの。。。True Love Ways



金曜日、ちょっとリラックスしよう。





posted by mitsuko at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Music

2014年06月21日

変化する自分を愛するスキル - 今、この時を味わう


最近、コーチングを通してクライアントさんに
身に付けてもらえれば嬉しいと切に思うのは、
「変化する自分を愛するスキル」なんです。

もちろん、個々に、こう成長を遂げたい、
これを目標としていきたい、というものを
実現していただくために対話するのですが、
もう少し、抽象度を上げてみると、
この「変化する自分を愛する」ことのような
気がしています。

私にとって、ちょっと使うのに違和感が
あった(ある)『愛する』という言葉、
敢えて使っています。それは、時に、
辛いな、見放したいな、と思うことが
あっても、厳しく律することがあったと
しても、どこまでも寄り添い続ける、

"Daring, I am here for you."の気持ちを
自分の中に持ち続けることだから。

今回は、目標という先のことだけではなく、
「今、この時を味わう」ことも
コーチングの対話の中でできること、って
話をしてみました。

ちょっと、チャレンジングなテーマ
だったのですが、敢えて挑戦しました。

変化する自分を愛するスキル - 今、この時を味わう

今、この時を味わう。。。特に、自分の
ハッピーである部分を実感することって
いい方向に変化を遂げるには
とっても必要なことだと思います。

HAPPY



Have a happy weekend!



posted by mitsuko at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング

2014年06月20日

振り返りの時


あと少しで、今年の前半6ヶ月が終わります。
昨年暮れにご紹介したこのメッセージ、ビデオでの配信は
終わっていますが、テキストとしてはGuardianのサイトに
掲載されています。でも、そちらも何時までか解りません
ので、ここに全文紹介しておきます。

Time to Reflect、振り返りの時と表されたこのメッセージ、
大切にしたいと思います。日常のあれこれに振り回されは
しても、静かに座り、呼吸し、振り返る一時を私たちは
持っているでしょうか? 今年の前半6ヶ月、あなたにとっては
どんな6ヶ月でしたか?

1月には、○○、2月には・・・と振り返ることも出来ますし、
仕事のこと、家族の出来事、自分自身の生活という切り口でも
出来るでしょう。

最近は、学習における振り返りの効力も実証されてきたと
言われています。リフレクション学という分野も生まれて
います。またまた私たちの「智慧」が解明されてきている
のでしょうか。

"We all need to get the balance right between action and reflection. "


エリザベスII世クリスマスメッセージ


I once knew someone who spent a year in a plaster cast recovering from an operation on his back. He read a lot, and thought a lot, and felt miserable.

Later, he realised this time of forced retreat from the world had helped him to understand the world more clearly.

We all need to get the balance right between action and reflection. With so many distractions, it is easy to forget to pause and take stock. Be it through contemplation, prayer, or even keeping a diary, many have found the practice of quiet personal reflection surprisingly rewarding, even discovering greater spiritual depth to their lives.

Reflection can take many forms. When families and friends come together at Christmas, it's often a time for happy memories and reminiscing. Our thoughts are with those we have loved who are no longer with us. We also remember those who through doing their duty cannot be at home for Christmas, such as workers in essential or emergency services.

And especially at this time of year we think of the men and women serving overseas in our armed forces. We are forever grateful to all those who put themselves at risk to keep us safe.

Service and duty are not just the guiding principles of yesteryear; they have an enduring value which spans the generations.

I myself had cause to reflect this year, at Westminster Abbey, on my own pledge of service made in that great church on Coronation Day 60 years earlier.

The anniversary reminded me of the remarkable changes that have occurred since the Coronation, many of them for the better; and of the things that have remained constant, such as the importance of family, friendship and good neighbourliness.

But reflection is not just about looking back. I and many others are looking forward to the Commonwealth Games in Glasgow next year.

The baton relay left London in October and is now the other side of the world, on its way across 70 nations and territories before arriving in Scotland next summer. Its journey is a reminder that the Commonwealth can offer us a fresh view of life.

My son Charles summed this up at the recent meeting in Sri Lanka. He spoke of the Commonwealth's 'family ties' that are a source of encouragement to many. Like any family there can be differences of opinion. But however strongly they're expressed they are held within the common bond of friendship and shared experiences.

Here at home my own family is a little larger this Christmas.

As so many of you will know, the arrival of a baby gives everyone the chance to contemplate the future with renewed happiness and hope. For the new parents, life will never be quite the same again.

As with all who are christened, George was baptised into a joyful faith of Christian duty and service. After the christening, we gathered for the traditional photograph.

It was a happy occasion, bringing together four generations.

In the year ahead, I hope you will have time to pause for moments of quiet reflection. As the man in the plaster cast discovered, the results can sometimes be surprising.

For Christians, as for all people of faith, reflection, meditation and prayer help us to renew ourselves in God's love, as we strive daily to become better people. The Christmas message shows us that this love is for everyone. There is no one beyond its reach.

On the first Christmas, in the fields above Bethlehem, as they sat in the cold of night watching their resting sheep, the local shepherds must have had no shortage of time for reflection. Suddenly all this was to change. These humble shepherds were the first to hear and ponder the wondrous news of the birth of Christ – the first noel – the joy of which we celebrate today.

I wish you all a very happy Christmas.


さて、あと6時間半後のワールドカップ、日本ーギリシャ戦。
いいリフレクションが後で出来るような一戦となって
欲しいですネ、勝敗がどうであれ。

(ガンバレ、日本!)


posted by mitsuko at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング