2016年07月29日

コーチであること


私の場合、コミュニケーションに絡んだ
コーチングが他のコーチの方より多いのでは
ないかと思っています。

英語学習に関係するもの、グローバルな
場面での活躍に関するもの、職場での活躍
に関するものなど、細かく見ると様々。

クライアントの方(というか私の場合は
殆ど、ある段階からは寄り添っていく
パートナーのような感じさえもあるのですが)
と、少しずつ質問しながら内容を深めて
いくと、、、

面白いことに、

「あー、これって、もう一つの側面の
答えも出てくる感じ〜」

ということがよくあります。

クライアントさんにとって
盲点になっているところに、問いかけで
光をあてると、ご本人の中での、
「おや!そうか!」が訪れる。

もちろん、違うところからちょっと
方向付けをしたりもし、
ファシリテーター的な存在であったり
もするのですが、、、
私の特性も影響して、、、
問いかけて、出てくるものを一緒に
大切に、成長の気づき、きっかけと
してワクワクしています。

こういう経験を一緒にさせてくださる
クライアントの皆様に感謝揺れるハート

posted by mitsuko at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176274972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック