2016年07月26日

道下美里さんの笑顔


昨日の、あさイチ、道下美里さん、
「今を生きる」ことの喜びを
言葉で、身体で、笑顔で伝える人!

こちらまで彼女の輝きで明るくなりました。

お母さんの、大きな愛に一緒に涙して
しまいました。そして、お友達と京都で
大げんかをしてしまったこと。。。

あの笑顔は、これまでの、
どうにもならないことへのわだかまりや、
苦労の全てを越えてきた賜物。

辛さを乗り越える秘訣は?

「仲間を沢山作ることかもしれないですね。」

「ひとりじゃなければ、何でも乗り越えて
いけます。」

仲間を作るには?

「素直になること。凄く難しいんですけど、
自分が辛いこととか、悲しいこととかでも、
自分が話さなければ解らない、向こうも
接し方が解らなくって、モヤモヤが多分
一杯つのると思うんですけど。
自分が素直になることで、向こうも意外と
素直になってくると思うんですね。」

仲間の力、大きいですね。
仲間も、道下さんから力をきっと
もらっていると思いました。

素直になることは、自分が勝とうとか、
受けようとかではなく、対等にオープンに
なることかもしれませんね。
それも、相手ではなく自分から。

144cmの身体から、
溢れ出る生命のエネルギーをテレビを
通してでも伝わるものがありました。

リオのパラリンピックから正式種目となった、
視覚障害者女子のマラソン、
思いっきり走って来て欲しいと思います。

39歳の挑戦、応援しています黒ハート黒ハート


P.S. あさイチ、NHKオンデマンドで配信しています。
ちょっとお金がかかりますけど。
posted by mitsuko at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2016年07月05日

ノートはお好きですか?-3


仲間の力、大切にしたいですね。

そして、自分がまた、仲間の力になることが
出来たら、それはとっても嬉しいこと。
人は多くの場合、他の人の役に立つことで
自分の存在価値を感じます。

他者という仲間はもちろん貴重ですが、
まだ人にいうレベルじゃないな〜だけど
いいたいなあ、、、というとき、
ノートが役立ちますね。

人によっては、それは日記かも知れません。
日記というお友達かな、
秘密、悩みを共有できる。。。

英語で本格的な日記の書き出しは、
Dear Diary.

「日記、続かないんだよな〜」

そう、私もその一人かも。

私の場合は、日記といったとたんに
続かなくなるような気がしてます。

○○ノート---言い方を変えただけかも、
でもこれが効くんです---とすると、
なんか、お気楽になって、書いておこう
という心理が私のなかに働いてきています。

それも、持ち運びやすいもの。
ちょっと、コーヒーを飲みに入った時とか、
本を読む程じゃないけど、メモっておこう。

待ち合わせに相手が遅れてる時とかも、
あっ、時間が出来たからかこうかなあと
イライラしないですむ。

新たにいい習慣を身に付けたい、
英語力向上したい、
ダイエットしたい、
そう言った時に、

「今日はちゃんとやったよ」
「昨日はサボった、また今日からね」
「ちょっとしんどいなあ」

などなど書き留める。
○○ノートを作ってみませんか?
ノートはなんでも受け止めてくれますよ、
素敵なあなたの最初の仲間として。

あっ、デジタルもいいかもしれませんが、
ここは、アナログな自分の手で書く
ノートをお勧めします。

持ち運びしやすい、
あなたの好きな色やデザインのノートで
○○ノート、始めてみませんか?



posted by mitsuko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2016年06月29日

Authenticであることは難しい?


Authentic,リアルなあなたであるってことは、

場面が変われば振る舞いは変わってもいいし、
時が経てば価値観が変わることがあってもいいし、
情け容赦なく正直であることにこだわらず、
優しさ・思いやりをもって思っていることを表現することも
必要、と説く記事(原文:英文)を見つけました。

ホント、そうですね。
「みんな違ってみんないい」し、
それぞれ、自分自身で常にありたいけれど、
人はいくつもの「顔」をもつものであり、
全てのものは変わるものであり、
相手がどう受け取るかを考える思いやりは持つべきもの。。。

リアルな自分であるために必要なビリーフ(信念)
と思われがちなこと、
1。いつも同じように振る舞わなくてはいけない
2。決して価値観変えてはいけない
3。情け容赦なくても正直であっていい
だけど、そうはなれない、だからAuthentic(リアルな
自分)になれないのよね。。。と身が引けて
しまう人も多いようだけど、それは違うとこの記事
の筆者は説いてます。

そう、Authentic(リアルな自分)であること自体も、
自由であっていい。
あーっ、増々Authentic selfっていいなあと
思ってしまいます。

原文
3 Beliefs That Hold You Back From Living An Authentic Life
posted by mitsuko at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

Authenticityという言葉


とってもお久しぶりです。
ほぼ、今年半分が終わりかけています。

昨日、authenticityという言葉を聞いて、
写真を見て、思うことを話すという機会が
ありました。。。近況を含めながら。。。

Authenticityという言葉とそれにくっついた
写真を見た時、私の中には、何が「本物」なの?
人のauthenticityって?ということ、
authentic selfって?ということしか
浮かばなかったのです。

それは、たまたま、高校の同級生たち----
今やいい歳をした大人たちですが----と合って、
特にその中の一人は4歳から高校まで同じで
この数年、ご無沙汰していた友人。

それぞれ、これが本物の真なる自分を築きたい
と思っていた訳ではないとは思うのだけれども、
組織で働いたり、取引先で揉まれたりして
来たのだろうけど、でも今会って話すと
それぞれがauthentic本物のその人という
印象を受けた心地よさ。そして、たまたま
ある団体で活動している他の人が私のために
引いたカードに書いてあったAuthenticity.

あそこは、Authentic Japanese Foodを
提供しているわよ、と言った言い方で使い、
偽物ではなく、本物よって感があるけど、
私にとって、咄嗟に思いついたのは、
authentic self 本物の自分。

そして、それを驕りではなく、自信を
もって内側に感じていることの気持ち良さ。

医師になった人、ある人は日本茶を
作ったりコンピニを経営する人、家業を
継いだ人、サラリーマンから独立した人、
離婚し地元で働く人、家のリフォームを
する人、、、それぞれを「羨む」のではなく、
それぞれが「協力」出来る事で手を貸す。
そして、そっとしておいた方が良いことは、
そっとしておく。。。

そんな暖かさを感じ、ひとり一人に
内なるAuthenticityを感じることが出来た
先週末からの日々。

昨日、Authenticityというカードを見なければ、
気づくことができなかったことかも知れません。

Authentic selfに誇りを持ち、
自分のミッションとして活動していることでの
Authenticityを深めることに、
これからもっと、もっと注力せねば。。。
そんなエネルギーが沸いてきます。


posted by mitsuko at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2016年01月29日

一月は行く♪

2016年1月は私にとって、
結構盛りだくさんな月でした。

それも、自分が選んでやりたい!と
思ったことが多くて、
全てが自分が思う通りにPerfectに
出来た訳ではないけれど、

充たされた気持ちで今日を迎えて
います。

きっと、その一つひとつを話すと、
ある人には、「なーんだ、そんなことなの。
私、いつでもしてるし、出来てるし。。。」
というものかもしれません。

それでいいのだと思います。

私には新しい試み、チャレンジであって、
とってもやりたかったことを、
これまでの枠を越えてやったり、
もう一段上を目指したりする。

自分にとって、どんな意味があるかって
ことを解っていると満足度がとっても
大きくなりますね。

オトナになると、何か、まだ
人と比べてこれしか出来ない自分が
恥ずかしい〜という気持ちが生まれやすい。

けれど、「じぶん」を起点とすると、
喜びが大きくなる。

幾つになっても、この喜びを、
無邪気に喜ぶことの出来る自分でいたい。

ちょっと、大人な部分を加えるとしたら、
やった自分、この喜びを感じることの
出来る自分に対する嬉しさに加えて、
無条件の「感謝」の気持ちでしょうか?

「一月は行く」と言われる程進むのが
速く感じられます。でも、そんな中、
色んな体験が出来た月でした。。。
あと2日ありますけど。

そして、明日、寒そうですが、
お友達と神社にお参りにいく予定。
感謝と自分そして繋がる方々の、
安寧の願いを持って。。。

それぞれが喜びと感謝を感じる
ことのできる一年に〜
posted by mitsuko at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2016年01月23日

一目惚れではなく。。。


一耳惚れです(笑)
私の造語ですけれど。

今日、ラジオから流れてきたこの声、
パワフル、そして同時にピュア。

Rhiannon Giddens (リアノン・ギデンズ)

Black Is The Color


このアルバム、Tomorrow Is My Turn、は、
ポチッとしたい〜

グラミー賞受賞のCarolina Chocolate Dropsのヴォーカル、
紅一点。ヴォーカルと言ってもバイオリンやバンジョーを
こなし、とってもエネルギッシュ。

ジャンルを越えてどんどんいい歌を聴かせて
欲しい、そして、きっと彼女はそうしてくれる、
そんな可能性も感じます。

すーっと伸びる声が私にとってはたまらない
魅力です。3月に来日するらしい〜
ウーン、行きたい!!!!! と久々に思わせる人です。

今日、彼女のソロアルバム(去年発売)のことを
知ったことだけでも、とっても幸せ。

単純な私です。

posted by mitsuko at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2016年01月07日

どんな年にしたいですか?


2016年が始まりました。。。
開けましておめでとうございます。

ことしはどんな年にしたいですか?
自分が歩んで来た道のり、それにどんな
意味を見いだすか?それは人それぞれです。

2012年の4月にアップしたジェーン・フォンダの
話は、胸揺さぶられるものがあります。
人生の第三幕

自分を振り返ってみて、私自身、人の成長を
サポートすることが私の人生。このことを最近、
使命と言っていい程に感じています。
そして、この「サポート」の中で、もっと
私自身の経験をいかして成長への「学び」は、
英語やその他幅白いコミュニケーションに
関するものだと思っています。

今、私自身、幸いにも色んなジャンルの方々
に支えられ、英語を教えるというロール(役割)
が始まったと感じています。

単にテキストに書いてあることを読むのではなく、
肌感覚で解ってもらえるものにするにはどうしたら
良いか?「使える表現」を増やす王道は何か?
といったことを考えて作るレッスンは、
まさに相手に対して「貢献」する精神を持つから
こそ出来る事だと思っています。

そして、やりながら、私自身がon the jobで、
またoff the jobの余暇の中で蓄積してきた
経験や知見ってシェアすることで貢献も出来るのです。

チャーチルとフランクルの言葉。。。

人生で得たものにどう意味付けを自分でし、
どう貢献するか。。。少しずつ達成していきたい
と思います。

「人は得ることで生計(living)を立て、
与えることで生き甲斐・生命(life)を手にいれる」
     (ウィンストン・チャーチル)

「人生で得たものは全て奪い去られかねないが 一つだけ
例外がある それは 与えられた状況に どのようにふるま
うかという 選択の自由だ それが私たちの人生の 質を決
めるのだ 人生の質は 金持ちか貧乏か 有名か無名か 健康
か病気かによって 決まるものではない 人生の質を決める
のは そうした現実をいかに関連づけ そこにどんな意味を
与え いかなる態度で臨み どのような思いを引き出すのか
ということだ」ヴィクトール・フランクル
posted by mitsuko at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年11月16日

ノートはお好きですか?-2


ノートはお好きですか?-1では、健康や医療に関係する
出来事や、身体の調子、心模様を綴る
小さなノートのことをお話ししました。

あまり細かい内容は書けませんが、
「こんなことがあって不安。」
「なんか心がザワザワする。」
なんてことを書いてる日もあります。

不思議なことに、こう書いて自分の感情を
外側(メタ)の視点から見て、描いている
と落ち着くんです。一歩外側から見ること、
そして、一般的にネガティブと言われている
感情を自分自身が持っていることをまず
認める、それを書くことで、それこそ、
ザワザワ感がなくなるのです。

ある専門家は、大きな不安のもととなって
いる出来事を、事細かに3回書くことで
トラウマを解消する可能性もあると言って
います。

さてさて、前置きが長くなってしまいました。
ノートフェチ(?)の私の次に紹介するのは、
実践チェックノート。

「さあやるぞ!」と決める

これは素晴らしいのですが、
私を含め多くの人は三日坊主・・・

さあやるぞ!というのは、大体ある目標を
達成するために今までやっていなかったことを
やるゾ、が多い・・・

○○KG痩せる。
語学を習得する。
もっと歩く/走る。
           などなど。

こういったことは、実践、習慣化を伴う
こと。

これの、「やったかどうか?」を
見える化するためのノート。

前回は、キャンパス・ノートというブランド品(!)
を紹介しましたが、今、私がこの目的に
使っているのは、百均で見つけた、
小さな月間ダイアリー。

これを実践チェックノートとして使ってます。

もちろん、スマホのアプリに記録するって
手もありますが、この実践チェックノートは
アナログに書き込むことで、

-一目で達成度が解る
-書き込むということ自体がご褒美になる
-自分に合ったアクションプランへの微調整が出来る

といったメリットがあります。

そして、これを何故、スケジュール帳に
全部書かないのか?

それは、別のノートに記入することで、
焦点がはっきりするからです。

スケジュール帳だと、他のこのミーティング、
あの会合、重要!・・・そして、今直ぐという
緊急性はないけど、重要度が高い、学習や
その他の実践すべきことが「ボヤケて」きます。

実践チェックでは、英語の音読を毎日15分やる
と決めたら、やった日に○を付ける。
もっと歩くと決めたら、目標歩数を越えた
日は、その歩数を書き込む、とか
そういった限られた項目のみの実践度を
書きます。

そして、出来なかった日は、自分を責めない。
また続ければいいのだから。もっとやりやすい
カタチに変えた方がいいかもしれないのだから。。。
そういったことも教えてくれます。

そして、月間ダイアリーの後の、ノートの
ページには、どういうことに注意するとか、
(先生についている人は)注意されたとか
書くと更にgood.

もし自分もやってみよう!と思われる方、
このノート、愛着を感じるもの、
大きさにしてくださいね!
毎日開くのですから。
0d69589770871881638c8fc373fa8187.jpg

あっ、コクヨもCampus Diaryのちっちゃなの
出していました。。。これも中々優れもの。
お好みに合わせてどうぞ。

posted by mitsuko at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年10月22日

「アメージング」と「びっくりぽん」


アメージング・ユー(Amazing You)という
インタビュー映画とそれを実現していくための学び
のワークショップの開催をスタッフとしてサポート
して一昨日終了!

「大切なのは、唯一無二のあなた自身」



激変の時代に、

ーあなた自身が何をしたいか?
ー何を信じるのか?
―だれが何と言っても、他の誰でもないあなたが
 したいことのなのか?
ーどんな壁にぶちあたっても、そのことに向かって
 100%自分の意志、力を注ぐ覚悟なのか?
ー行動し続けるのか?

前回ご紹介した、内田光子さんは子供の頃から
独立心強く、自分が魅せられたのは音楽!
その音楽に全身全霊をかけて生きている、
スーパー・アメージングな存在。
(もともと私は、彼女のようなトコトン自分の
魅せられたこと--それを使命と捉えてもいいの
ですが--を貫き通す人に魅力を感じる人間
だと今再確認中。。。)


このアメージング、英語ではAmazingなのですが、
もともと、混乱するくらい信じがたいくらい
凄いって意味。

I am amazed! ビックリさせられたわ!
Wow, Amazing! わー、すごい!(こんなこと起こるのね)

みたいなニュアンス。でも、今はほぼ何時も
ポジティブな表現として使われています。

NHKで放送中の朝ドラ、「あさが来た」のあさちゃん
の口癖のひとつ、「びっくりぽん」が
"Amazing!" 「アメージング」にぴったりじゃん、と
このシンクロニシティ(アメージング・ユーの
イベントと、始まったばかりの朝ドラの共時性に
びっくりぽん!)



あさは、時代の転換期に--日本の激動期に、
「なんでどす」 (Why) と
「びっくりぽん」 (Amazing) で
自分の好奇心とやりたいこと(やるべきこと)を
貫いて行く〜
そう私は捉えています。

今回のアメージング・ユーのテーマは、
まさにそれ。

普通の人が、

自分の好奇心とやりたいこと(やるべきこと)を
貫いて行くことで、

びっくりぽんな(Amazing)ことを成し遂げ、

凄い才能をもった人になっていく。

「女は奥にいるべし」の世界から、
炭坑に投資をし、
生命保険会社を始め、
女性の大学設立へ貢献していく。

面白い!と思ったら、
やりたいと思ったら、

やってみよう〜
Let's do it!

1つ、2つ、3つ
思うようにいかなくたって、

それも、
びっくりぽんでアメージング!

また、つぎのびっくりぽんで
アメージングをトライすれば
いいのだから。

その先には、アメージング・ユーな
あなたであり続ける時がある!

Dr. Dragosは、ルーマニア生まれ。
様々なことが抑制されていた社会で、
学び、自分がしたいことをすることの
大切さを実体験して生きて来た人。
未だ未だこれからの未知の可能性を
秘めた人。こういったスピーカーにあり
がちな無理に盛り上げようとするタイプ
ではなく、もの静かに自分が真実だと
思うことを語りかける人。
「アメージング・ユー」で語りかける内容、
彼のパッション、これからの可能性を
信じ、初来日をi愛NLP協会のスタッフと
してサポートしました。


Have an amazing day!
posted by mitsuko at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年10月19日

ノートはお好きですか?-1


デジタルな世界にいるからこそ、
アナログな良さが解るもの、そんなものの
1つがノート。和製英語だけど使い安いので
ノートのままでここはいきましょうか。

Englishでは、notebookかdatebookかdiaryといった
言葉を用途によって使い分けます。

私の、「ノートはお好きですか?」のノートは
こういった、紙で書き留めるもの全てを
含んでいます。

私?ノート、大好きです。
でも几帳面な何年もの記録を引っ張り出せる
タイプではありません。

実験しながら自分に合ったものを
探し当てて、日々の生活に役立てるタイプと
でも表現しておきましょう。

ちっちゃなキャンパス・ノート、
百均のスケジュール用のノート、
ちょっと変形のノート、
素敵なダイアリー・ノート、などなど。

特に、この季節になると来年の手帳も出回る
ので楽しいですね〜

ノートに
- ゴールを書き留める
- 毎日のことを記録する
- テーマごとに綴る   などお楽しみは無限。

全てを1冊に書く、という手法を好む人も
いますが、私が最近気に入っているのは、
スケジュール帳とは別に、記録用のスケジュール帳
や「あること」について綴るもの〜という風に
分けて使う方法。

0d69589770871881638c8fc373fa8187.jpg

その1つは、健康ノートに近い感じのもの、これは
さっさっと何処でも書けて、親しみのあるものを、
と工夫してます。B7のキャンパス・ノートに
ビニールのカバーを付けています。そして、
ビニールカバーには気に入った雑誌の切り抜き
--コラージュとまではいきませんが--を入れて
オリジナルな感じにしてます。1冊終わったら、
同じサイズの新しいノートに差し替えます。

健康ノートだから、こんなことでお医者に行った
とか書いているのですが、ついでにこんなことで
気分良くなかったとか、こういうことに気を
つけるといいらしい〜といったことまで、
自由です。お薬手帳ではなく、どちらかというと
身体と心のお天気ノートかなあと思ってます。
あとで見ると、そうか〜このころこうだったんだ〜
とか、こういうこともうチョット気にかけよう〜
など面白いんです。

すぐ書けるように持ち歩くことが多いので、
ある程度小さいものが便利。百均ノートでもOK
かも知れませんが、ユニークにこだわり(笑)を
持ってます。

コクヨのキャンパス・ノートは、全然、宣伝担当ではないん
ですが、シンプルさからくる、飽きのこない親しみ
やすさがあって、でも、時々、こんな
キャンパス・ノートもあるんだ!というお楽しみも
あって楽しいんです。

それに、自分のちょっとしたクリエイティビティで
ユニークな自分のものにもできますし。

そこのところ、メーカーも解ってやっている
ような感じもします。サイトの言葉を借りると、

たった3つの部品から生み出される
たった6つの価値要素。たった6つしかない要素
にこだわってきたからこそ、「着眼点」と「創意工夫」
でお客様への提供価値を最大化できたのです。


ノートというもの、そのものがシンプルだから
こそ、色んな可能性を秘めているような気がします。
こうしてデジタルな世界でブログを書くのも
好き、でもでも、だからこそ、アナログなノートも
また私にとってはなくてはならないもの、
そんな気がします。

ノートはお好きですか?
posted by mitsuko at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年10月15日

I Message, 私メッセージ - 3


I Message, 私メッセージでは、
(1)相手も「そうだ」と同意できる具体的事実
(2)それによって起こる(自分にとって不都合な)こと

の次に、
(3)(2)によって起こる自分の感情

を告げます。

ここまで来てやっと、自分の感情的な「思い」を伝える訳です。

感情といっても、
「だから頭にくるんだよ!」
「いやな気持ちで一杯になる!」
「イラツクんだよ!」

では、自分の感情を相手にオープンに伝えているとは
言えないのです。自分がこの感情を持つことでアンハッピー
になっていることを伝えます。

ここは凄いキーポイント。
是非是非、ワークショップなどで実践して理解して
貰いたいところです。

あと、2でコツがあると言いました。
一番の「コツ」は、アサーティブになる(自己の
主張をきちんとする)ことに私メッセージを
使うからといって、私メッセージのあとの
相手のコメントに関わらず、また、私メッセージ、
そしてまた、私メッセージと、「連射」してしまわ
ないこと。

これでは、相手を尊重しながら、これからもいい関係
を保ちながら、事態を自分がハッピーな状態にもって
いくということは出来ません。結局はあなた自身の
ことしか考えていない、ジコチュウになっているって
こともアリです。

ドンドン相手との距離を遠くしてしまうために
この私メッセージを使ってしまってはモッタイナイ
のです。

相手から帰ってくる言葉をどう受け止めるか?
が上手くいくかどうかのコツ。

そこで相手をどう受け止めるか?そのあと、二人で
何を解決すればよいかを話し合うのか?お互いの
価値観の相違に注目するのではなく、お互いのwin-win
はどこにあるのか?など。。。

よーく考えましょう。

134615_photo1.jpg
posted by mitsuko at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年10月02日

I Message, 私メッセージ - 2


自分がハッピーじゃない、
自分の中で問題になっていること、
それを伝え、状況を変えるために
使うI Message(私メッセージ)。 

1では、まずは、ハッピーじゃなく
なっている状況はどんなことなのかを、
相手も「うん」といえる具体的表現で
言うことが最初の部分とご紹介しました。

さて、次は、そのことでどういった
影響が出ているかを言います。

どういった影響がでていると言っても、
ここではまだ、それで
「困っちゃうのよ」 とか
「悲しくなっちゃう」といった
自分の感情はいいません。

最初の部分で述べた事実がある、
それによって引き起こされることです。

例えば、

最初の具体的事実は、

テーブルの上に、本やお菓子の袋や
マグカップが3時のおやつの時間の
あとでも置いてある。

次の部分は、

4時には、いつも約束のお客様が来るので、
その時にテーブルの上にそういった
ものがあると、お客様に直ぐに
上がってもらえず、待ってもらって
片付けるなければいけないので、
その時間、ずーっと入り口に立って
待ってもらうことになる。

といったようになります。

その次が、これで自分がどういうふうに
アンハッピーになるかの部分。

「うーん、じれったいな。」と
思うかもしれません。

だけど、この3つの部分からなる
I Messageを掴んでおくと、
物事の滑り出しが思いのほか上手く
いくのを経験しますよ、きっと。

私が感じている効用は、

自分自身が一体何によってアンハッピー
になっているかを冷静に見る時間を
持つことができるということ。

そして、
アンハッピーまで行かなくても、
ちょっと疑問に思っている状況を
相手に尋ねたりするときに使えるという
こと。

前もって、この3つの部分を書いて
から訊いてみると、あらっ、不思議、
訊くのが苦手だったあの人が話してくれ
ている。あるいは、自分がこうなれば
助かるなあ、という方向に持って行って
くれる。もちろん、全てが1つの
私メッセージで解決する訳ではないの
ですが、その後のやり取りがスムーズ
になるということが起こります。

ただし、これもちょっとしたコツが
あるので、それは次の回に
お伝えしましょう〜

iStock_000000825429Large.jpg
posted by mitsuko at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年09月19日

I Message, 私メッセージ - 1

英語で、"I Message," 日本語では
"I メッセージ," 或は、"私メッセージ"と
言われるコミュニケーション、一度は
聞いたことがある、という方は多いのでは
ないかと思います。

日本人はアサーティブになるべき、
自分の意見をしっかり言う必要がある。
"I メッセージ"を使いましょう、等々。

でも、言いたいことを言うだけで、
何の状況変化(いい方向へ)が生まれない
のなら、いいコミュニケーションとは
言えません。

前提として、自分が何かOKでないこと、
ハッピーでないことがあり、それの
原因を起こしている相手に対して変えて欲しい
というコミュニケーションのスタートと
して使うとよいもの。この1つのメッセージ
だけでは、まだ解決にいたらないかもしれない。
けれど、いいスタートを切ることは出来るもの。

そして、その相手を尊重しながら、いい関係を将来も
続けたい場合に使うと効果的なもの。

3つの部分から成り立つこの"I メッセージ"
初めの部分は、お互いに事実として受け入れる
ことのできる状況説明。これは、一つは相手と
Yesと合意できる点を持つ効果、そして、もう一つは
これからのやり取り(交渉、議論)の焦点を
はっきりさせるという効果を持ちます。

ある起こったことに関して、まず、その
起こったことに関してはお互い合意ができるよね、
があって、このメッセージは成立します。

上手くいかない言い合いは、ここのところで、

「いっつも○○なんだから。。。」
「いつもじゃないよ、昨日は。。。」

「全然やってくれてないじゃない。。。」
「全然じゃないよ、少しはやってるよ。。。」

なんてならないスタートが重要。

「今日は、8時の約束だったのに、8時30分に
来たよね。」

8時30分という具体的な事実にたいしては、
あなたも相手も同意出来る訳です。

そして、こういった状況を具体的事実に基づいて
いうことは、スタートを切ったあなたにとっても
効果が実はあります。

もう気づいているかも知れません。
カッカとアドレナリンが出て、脈拍が上がってきて
いるような状態のあなたではなく、少し事態を
落ち着いた状況で受け止めることが出来る、
というあなたにとってのメリットもあるのです。

今、自分の前に見えていて、相手にも見えている
状況を具体的に表現すること、これは少し
プラクティスが必要です。

絶対、何時も、全然などといった言葉は
使いがちですが、具体的に表現しているとは
言えませんね〜

見えたり、聞こえたりすることを
具体的に表現すること-----
これはとってもいいスキルなので、
私も気をつけ、使うようにしています。

では、続きはまた次回〜

posted by mitsuko at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年09月15日

What A Wonderful World


最近、苦手だなあと思っていた人と
実際話してみたら、あらら、とっても素敵な人、
と心がしっとりと何かを受け止めたような経験を
しました。

だから、人と伝わり合うこと、コミュニケーションは
やめられない。

なんのカタチも残していない、この心の中の幸せ感は
宝物としてkeep, keep, keep.

これからの人生で、何かの誤解で嫌な思いをしない
なんてことは考えられない。

でも、この今、宝物となった、新しい出会いもまた、
生まれることは、もっと確かなような気がする。

そして、心と心のコミュニケーションの感覚、
不思議なことに1つ経験すると、それで終わらないのです。
連鎖反応のように幾つか起こる。。。

スイッチが入るのかな?

素敵、ありがとう〜 ハッピー〜

と心で感じているから。

この素晴らしき世界


I see trees of green, red roses too
I see them bloom for me and you
And I think to myself what a wonderful world.

I see skies of blue and clouds of white
The bright blessed day, the dark sacred night
And I think to myself what a wonderful world.

The colors of the rainbow so pretty in the sky
Are also on the faces of people going by
I see friends shaking hands saying how do you do
But they're really saying I love you.

I hear baby's cry, and I watched them grow
They'll learn much more than I'll ever know
And I think to myself what a wonderful world.
Yes, I think to myself what a wonderful world.


サッチモの歌う、What A Wonderful Worldは、
その昔、夜遅く仕事を終えて帰るときに、
よく聴いた曲。iPodのイヤーホーンから聴こえる、
彼の声にやさしく包まれて地下鉄の駅に向かった。

疲れきっている時に聴いてた曲じゃないの?ヘトヘトに。。。
と言われそう。

そうかな?

それよりも、これでよし!と、満足してた気持ちの
思い出が強い。

そう、今日、今、感じているように。

"I see friends shaking hands saying how do you do
But they're really saying I love you."



Thanks for being with me!



posted by mitsuko at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年07月02日

電話って


とても便利。
だけど、とても残念なこともある。

取りたかった電話に出ることが
できなかったりすること。

もちろん、私が掛けるときだって、
掛けても、掛けても通じなくて、
どうしちゃったのかしらん?と
思ったり。

やっぱり掛けなかった
ほうが良かったかなあ〜と
思ったり。

だから、出来るだけちゃんと
出たいと思うし、
すれ違いが続いていても
それは、たまたまだから
気にしないで、
掛けるべき電話はかけて
来て欲しいし、welcome.

人の気持ちが解らない
しつこいセールスの電話は
違いますけどね。

昔(笑)、ウチにいた番犬♪
今日のブログとは全然関係ないけど、ほっこり♪
He was sooooo sweet.
IMG_1878.JPG

posted by mitsuko at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年01月19日

語学スキルの階段を登ってみましょうか


Englishnizationという試みを書いたのは、
実に2012年の7月のこと。あれから2年半たったのですね。

この2年の間に、1日に少しずつやってきたのと、
そうでないのと、、、「積み重ね」ということを考えると
大きな違いを生みますね。

1日、30分で365日=182.5時間、それが二年で365時間。

これを、たったのと思うか?それともこんなに!と思うか?

実際、英語などのスキルでは、1時間やったら1時間の進歩、
100時間やったら、その100倍の進歩ではないのです。

1時間やって、10時間やって、大した進歩は感じないけど、
ある日突然、ぽーんと解るようになったり、急に
喋りやすくなるもの。なだらかな右肩上がりの線ではなく、
階段状の、ぽーんと上達、そのあと平ら、そしてまた
1つぽーんと飛躍するのです。

これは、私自身、「あれっ」「不思議」と経験してきたこと
でもあり、多くの先駆者も語ること。

実際、脳の発達はこういう伸び方をするらしいんです。

だから、その「ぽーん」を経験するまでじっくり
行き、1つでも、その「ぽーん」の快感を得ること。
これ、とっても大切です。

そういう私も、フルートの「ぽーん」を早く感じたい!


posted by mitsuko at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2015年01月17日

深く静寂な感謝


昨日は、ある方の、この5年くらい人と
会うことを避けていらした方のお通夜でした。

もう少しお若い時は、年の差なんて
関係なく、いろんな世代の方と交流できる、
音楽を愛し、フルートを愛し、きちっと
物事を進められる方でした。

お通夜で静かにお経を聴きながら、
無言の中での繋がり。。。
そして、その後、久々に会う友人との
会話。。。

この世からは去られた方の大きな力で、
ここのところの大変さから、ジワジワと
抜け出ていく自分を今、感じています。

私自身、強がってたのかもしれないなあ。。。
混乱してたなあ。。。
この何ヶ月かの間。

そんな見え透いた強がりはいらないよ、
と無言のあなたから語りかけられているようでした。

混乱から平穏へ。。。

りっぱにこの世に存在し、そして
今なお、私たちの心の中に生き続ける人の
存在の力。

これまでも、何度も過ごすうちに教えられた
音楽への愛、フルートへの情熱、人生への真摯さ。
そして今日の静寂、内なる荘厳、大いなるもの。。。
生きるということの偉大さ。
その全てに、感謝。

私を泣かせてください(涙の流れるままに)



_()_
posted by mitsuko at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2014年07月05日

「○○に伝えておきます」って?


「上のものに伝えておきます。」

「上司に伝えておきます。」

「担当者に伝えておきます。」

このフレーズって、「検討しておきます」と
いって結局何にもしないのと同じ?と
いいたくなることがある。

まあ、クレーム処理を手っ取り早く
したい時には良いかもしれないけれど、
物事の、もっと深いところの話をしている
ときに、使うと

「『思考停止』させて頂きます」
と同じことになるように思う。

「バスが発車するから、さっさっとしてよ」
で良いときと、
ちょっとしたことから察知している「危険防止」
を訴えている時、遅れてもトラブっても
避けてはいけない、
「ちょっと、苦言を呈するけど、見逃してはいけない」
ことを判断出来なければ、責任ある仕事を
しているとはいえない。

「バスが発車するから、さっさっとしてよ」
あるいは
「議論させないでよ」
で長く仕事をしていると、要領はいいけれど、

「本質を突く」ことの大切さに麻痺しかねない。

これって、とくに安全を担当したり、
人の成長に関わることをしている人は
心しなくてはいけないことだと、最近、
何故だか思わされることが増えて来たようです。

「○○に伝えておきます」って
そんなつもりで使っていない、という方が
あれば、敢えて、
「何時までに伝えて、どんなことを伝え、
結果どうだったか」までを報告することまでを
加えて伝えないと、聞いた相手は、
「ああ、適当にあしらってるな」と
受け取ってしまうかもしれません。 ご注意!

posted by mitsuko at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2014年01月31日

餅をつくには「相取り」さんがいるように


今日は、旧暦の1月1日。
Happy Lunar New Year!
いよいよ、午年の本格始動で〜す。

そして、私、このブログの1月の初投稿で〜す。

今日の東京の晴れやかな空のように、
今年一年、雨が降っても、そして雨が降るからこそ、
今日のような晴れやかな空が目に心に
嬉しく思う、、、そんな年になりますように!

さて、お正月といえばお餅。
「餅つき」と言えば、お正月にそなえての
年末行事ですが、最近は、大勢の人が集まる
イベントでも、年間通して行われる機会が増え
たように思います。

(それとも、これは食いしん坊の私の周りだけ
の現象?搗き立ての美味しさはたまりません!)

先日も、餅つきを、「ヨイショ!」と言いながら
見ていたのですが、お見事♪と感心したのが、
「相取り」さん。

もち米を臼に入れ、搗いていく訳ですが、
このとき、音頭を入れながら手際よく
ひっくり返し、出来具合をチェックしている
のが、「相取り」なのですが、これが
素晴らしく上手。

杵(きね)で搗く人に合わせて、
餅を返したり、搗き手に声を
掛けたり、ちょっと止めたり。。。

「どうだ〜」
「あと何回〜」
「そーら〜」
「はい、そのへん」 
「やったね!」    などなど。。。

実際に餅を搗くのは、杵を持つ人
がやるのですが、プロセスを進めて
いるのは、この「相取り」さんと言えます。

「絵に描いた餅」ではなく、クライアントさんの、
本物の「餅」を、クライアントさんと影響し合い
ながら搗きあげていく、コーチは言ってみれば、
「相取り」さん。

主役は、「杵き手」のクライアントさん!
でも、「相取り」さん、重要ですよね!

相棒ブログの方でもう少し詳しく書いてます。
→こちら

ではでは、素敵な週末をかわいい

posted by mitsuko at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2013年11月09日

知らないを知らないはコワイ。。。


「知らないを知らない」

「知らないを知っている」

「知っているを知っている」

「知っているを知らない」


さて、どれを選びます?

少なくとも、プロフェッショナルは、
「知らないを知らない」状態で
自分の専門領域に関係することを
語らない。。。これは常識。

あるセミナーで、講師が良く、
"It's OK to learn."
と言います。

これは、「知らないことがあって
いいんだよ、だからこうして学習
してるんだから。解らないこと
があれば、訊くのはOKなんだよ」

ということ。

「守」を知らないのに、
「離」をやってしまう。
こうなると、
型がないから型破りもできません!

(ちなみにタイトル、
「コワイ」と入れましたが、
「知らないを知らない」本人に
なってしまっていると、ご当人は
「コワクない」かもですね。




posted by mitsuko at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション