2015年09月13日

「英語が話せる」ということー1

○か月でマスターする・・・
とか、
これであなたも英語の達人
とか、
(上記は適当に私が作ったものですが)
いう様なタイトルを見かけることが
あります。

でも、この「英語が話せる」とは
どういうことを言うんでしょう?

特に、あなた自身にとって。

言葉で一番大事なことは、
「何を意味しているかが解る」
という感覚だと私は思ってます。
そして、その感覚を相手に伝えること、
相手と共有することが出来る。

英語という自分にとっての外国語
でこの感覚を得て、そして
「ヤッター!」と思えるのは、
間に日本語を入れないで出来たとき。

あっ、これはコップ。コップは英語で
glass. だから、This is a glass.

ではなく、

コップをglassと、直に認知し、
This is a glass.と言えること。

そのためには、実際に体験することなん
です。体験しながら、それを言葉にする。

それも、この飲み物の入れ物を見て、
glassと言っているから、glassなんだな、と
認知して、すぐ近くにあるものを言うとき、
This isといっているから、これが
This is a glass.の状況なのだと認知する。

状況と文章を一緒に体験し、類推し、
「何を意味しているかが解る」そして
自分も使える。

どんなシンプルなことでも、これが
出来れば「英語が話せる」ということが
出来たと言えるんです。

そして、あとは積み重ねていくこと。

ちゃんと段階的に構成された順序で。。。

もちろん、最初の最初は、言える範囲が
限られているけれども、ここが大事。
そして、高度な文章を学問的言語で
習っている日本人にとっては、物足りない
ような気さえする。でも、限られたものが
すーっと言えるようにまずなること。

あっ、とっても、とっても大事なことを
忘れていました。

これを、楽しんでやることです!
「之を楽しむ者にに如かず。」
なのですから。



之を知る者は、之を好む者に如かず。
之を好む者は、之を楽しむ者にに如かず。

「ものごとを知識として知っている(だけの)者は、
これを愛好する者におよばない。
(さらに)これを愛好する者は、
楽しんでこれと一体になっている者にはおよばない」
論語より。

posted by mitsuko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | English

2015年09月11日

生命の奇跡 Song of Life


今日は朝から身体のメインテナンスでした。

交わす言葉は決して多くはないのですが、
とてもピースフルになることが出来たという
ことを自分の内側、とても深いところから
感じています。

思いやりのあるプロフェッショナルの皆さん
に出会うことが出来た、
そのことが何よりの喜び。。。

捧げる曲があるなら。。。

リベラの「生命の奇跡 Song of Life」



There's a whisper in the dark
As a new life comes to be
Then a song begins to form
As it finds the harmony
With a chorus of sound
Of the world all around
Now it blends in the tune
Joining the endless song of life

We shall never be alone
As we link our hearts in one
Joining voices from above
All in the miracle of life
Through the ages we will grow
Only time will ever know
As our voices magnify
All in the miracle of life

Love plays along
In our lives yet to come
As we join in the song of life

Now the music starts to build
As the words begin to rhyme
Then another lends a tune
As their voices now combine
With the chorus of sound
Of the world all around
Now they blend in their tune
Sharing the endless song of life

We shall never be alone
As we link our hearts in one
Joining voices from above
All in the miracle of life
Through the ages we will grow
Only time will ever know
As our voices magnify
All in the miracle of life

Love plays along
In our lives yet to come
As we join in the song of life
As we join in the song of life.


誕生月である10月を前に、
「さあ、前に進んで、みてるから」
と言われたような今日でした。

【和訳】

暗闇の中で声がささやく
新たな生命が生み出されるその時に
それはやがて歌になる
美しいハーモニーに重なり合って
世界のそこかしこに
聞こえる声が一つになる
妙なる調べに溶けこんで
尽きることのない生命の歌になる

心を一つにつなげていれば
私たちは誰もひとりきりではない
天の声に声を重ねて
全てが生命の奇跡のうちに
私たちは長い歳月をかけて育っていく
時が経てばきっと答えはわかる
声が大きくなるように
全てが生命の奇跡のうちに

生命の歌に声を合わせれば
これから始まる人生に愛の力が働く

ことばが響き合い
新たな音楽が始まろうとしている
そこにまた音楽が重なり
世界のそこかしこに
聞こえる声が一つになる
妙なる調べに溶けこんで
尽きることのない生命の歌を分かち合う

心を一つにつなげていれば
私たちは誰もひとりきりではない
天の声に声を重ねて
全てが生命の奇跡のうちに
長い歳月をかけて育っていく
時が経てばきっと答えはわかる
声が大きくなるように
全てが生命の奇跡のうちに

生命の歌に声を合わせれば
これから始まる人生に愛の力が働く

かわいい感謝とともにかわいい

posted by mitsuko at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

自然の力

こんちには。

自分の予定を過ごすことができる
今日、この日の幸せに感謝しています。

当たり前のことかもしれません。
いつもだったら、忙しいとグチっている
かもしれません。

でも、でも、今、この大雨の被害に遭われて
いる方々のことを思うと、、、
少しでも安全に過ごされ、
少しでも早く復旧されることを祈ることと、
自分自身の命と時間を尊いものとして
感謝し、マインドフルに過ごすこと、
この二つが今私に出来ること。

これから、何らかのカタチで支援をと
思いますが、まずは、祈りと感謝。

逆らえない自然の力、
そして、
そういった際に支え合う人の思いやり
この二つもまた、同時に思います。

明日、仲間の結婚披露宴があります。
どんなことがあっても支え合い、また
チャレンジを続ける二人であって
欲しいと思います。そして、その門出
を精一杯お祝いしてきたいと思います。

自然の力の恩恵と脅威、
まざまざと感じさせられています。

そして、人が共に生き、支え合うという
こともまた、まざまざと。。。

一日も早い復旧をお祈りいたします

_()_

posted by mitsuko at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月31日

やっぱりバレエ・フェスティバル


8月も今日で終わり。
何だか、あちこち行く予定があり、3年に1度の
バレエ・フェスティバルは一度は予約を試みたものの、
諦めてました。

でも、でも、嬉しいことに、12日に行く機会を得たのです!
バレエ・フェスティバルBプロ


バレエ・フェスの公演最後のカーテンコールは必ずこれ。
この曲を聴くと、あー満足。

休憩時間があるとはいえ、18時に始まり4時間を越える公演。
仕事の都合で少し遅れて来た友人とともに満喫〜
このダンサー、知らないなあ。。。という人から、
あらっ、私がよくバレエを観ていたころには、新人だった
のに、今は、、、もう、ベテランね。
今は、もう、ダンサーというよりは芸術監督になっちゃったわね、と
いう人まで、様々。

でも、ホントに、ホントに、世界最高峰で踊る人たちばかり。

私にとっての、やっぱり彼は特別中の特別は、
エマニュエル・ルグリでした。
イザベル・ゲランと踊る、「こうもり」の一部は、
オシャレで、軽快で、でもしっかりとした軸のある美。

前にもこれを踊ったルグリを観た憶えがあるのですが、
その時とは、少し振付けが違うようにも感じました。
オペラ座を引退し、ウィーンで芸術監督を務めるルグリ。
円熟しているのだけれど、ウィンナーワルツのリズムに
軽やかに乗り、ワルツをバレエで踊るってこうなのよ、と
楽しくなってしまう。。。
そう、それが「こうもり」の真髄。

何時までアップされているか解りませんが、オペラ座
引退の際に作られたNHKの番組がありました。
約1時間の番組、よかったらどうぞ。
ルグリ、エトワール最後の60日

その昔、私が文化会館外で、人生一度だけ「出待ち」
をしたことがあります。その時、あらっ、足を踏まれちゃった、
と思ったら、それはルグリ様でした。
"Sorry."と聞こえたような。。。
でも、その足、軽やかでした(笑)


今回、機会をくださった、Yさん、どうもありがとう。
美しきダンサーたちの競演、
3年に一度の最高の贈り物でするんるんるんるん

posted by mitsuko at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ

2015年08月30日

明治神宮 不思議の森


明治神宮は、その鎮守の森を含めると皇居に次ぐ広さ。
大都会の真ん中にある、大きな森。
でも、この森のスタートは人工の森。
そして今は、何の手も掛けないで生き続ける、太古の森
となっている。。。

5月のNHKスペシャルは、その不思議、その素晴らしさが
とてもよく解るいい番組。
明治神宮不思議の森
-- そして、見逃したあなたも、、、NHKオンデマンドで
見ることができる!!(要購入)--

森作りのスタートは1915年なので、今年で丁度100年。
計画では、150年で太古の森に、ということだったけれども、
50年早く、その目的は達せられているとか。
森の大きな広葉樹が壁となり、森には多くの絶滅危惧種や
準絶滅危惧種の生物が存在し、明治神宮に咲くタンポポは、
他で見られるものとは違い、もともと日本にあった、
カントウタンポポという種類だそう。
カブトムシも、今、私たちが知っている大きなものも
たーくさんいるのだけれど、それ以外にもう関東では
見ることがなくなったコカブトムシというのも
いるらしい。

この「不思議の森」を見ていると、大きな東京の
「潜在意識」のようにも思えてくる。。。
その豊かさと生物多様性は、まだまだ計りしれないし、
成長を続けている。

もちろん、調査団がどんな木が何本あり、どんな
生物が住みといったことを、まるで私たちの
脳をスキャンするように調査されてはいるのだけれども、
この森が与えてくれているものそのものは、
計りきれるものではなんじゃないかと思う。

これは、まるで人の潜在意識
(あるいは無意識と呼ばれるもの)のよう!

最近、月1回くらいのペースで仲間と明治神宮を訪れようと
している私。。。

静かに呼吸し、歩く。
もちろん、森の中には入ることは出来ないけれども、
この鎮守の森に囲まれた境内を本殿へ、
参拝そして芝のある方へと歩く。

こうして歩くことで、もちろん木々の香り、緑、
鳥の鳴き声、光の輝き、など五感を通して感じる
もので心が落ち着き、ゆったりとした感覚を
えるのだけれども、効用はこれに留まらない〜

丁度、鎮守の森の参道よりの部分を少し見ることが
出来るように、自分の中で、普段よりは
自分の潜在意識を垣間見るというか、潜在意識と
繋がっているというか、そんな感じ。。。
これは私が勝手に、潜在意識のメタファーとして
森を見ているからかもしれない。

ここを歩くことで、なんだか、
「おはよう、私の(潜在的に持つ)感性」って
言いたくなる。

歩けば、感性豊かになるよとは断言できないけれど、
なんだか、自分の奥底にある感性に、ちょこっと
会えて、ご挨拶できてるような気分に私的には
思えて、いい気分。

歩くことの効用が、鎮守の森の自然のパワーで
きっと強められている、そんな気が・・・

あっ、もう一つ。
明治神宮のおみくじは、吉とか書いたものではなく、
明治天皇か昭憲皇太后の詠まれた和歌が書かれたもの。
その日引いたものと自分の在り方、状況や心情に
対しどんなメッセージを伝えてくれているのか
内省したり、仲間と振り返ることが出来るのも楽しい。

私、2度行って2度とも同じものを引いてしまいました。
その内容に、、、心せよ!ということかも。
なんだったかは、今は秘密〜
IMG_4868(1).JPG

posted by mitsuko at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Walkabout

2015年08月07日

ザ・オーディエンス The Audiece


この作品を観ることができるなんて
思っていませんでした。

何故って、舞台ものだから。

でも便利になったものです。
ナショナル・シアター・ライブで観ることができたのですから。

イギリスの演劇、いいです〜
もちろん、色んな時代背景が解ってこそ
楽しめる作品とも言えるのですが、
とてもよかったです。

今は、この作品はヒットしてアメリカに渡り
エミー賞受賞という華々しさ。テレビシリーズ化も
考えられているとか。

演劇は総合芸術ともいえるけど、やっぱり
脚本のよさが命というか、軸だと私は思います。
それにどう「肉付け」されるか。。。

エリザベスII世といえば、Helen Mirrenしか
ないでしょ!という感もありますが、軸と
肉付けがとっても上手くいった作品でした。

これからカンバーバッチの演じる
フランケンシュタインやハムレットも
観ることができると思うと、ワクワク黒ハート

常連さんになりそうです。

秋からは2015のMETライブも始まるから、
忙しいわあ〜

posted by mitsuko at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2015年08月04日

散歩党のこと

散歩党の初代党首って誰だか知ってますか?
(初代以降あるのかどうか知りませんが)

それが福澤諭吉先生(紹介するページでの
敬称に倣いました)であったのを知ったのは、
「歩く」ことをテーマにしたプロジェクトを
考え始めていた時のことでした。

「『先ず獣身を成して後に、人心を養え』と説いていた
福澤先生。どのような事情があっても人間はまず身体
の健康が第一であると考え、自身の健康維持・管理の
ために居合の鍛錬や米つきを毎日欠かさなかった。
居合、米つきと並んで健康維持のための日課として
いたのが、早朝の散歩である。」
福澤諭吉の散歩道より

当初は、福澤先生一人での朝散歩。それが、
後に増え、人数は何時も同じということは
なく、4人くらいから時によっては20人くらいの人が
一緒に歩いていたそう。

距離は一里半(6kmくらい?)

晩年の先生に触れ、話すよい機会であったようです。

私も、たまには、散歩する時に、福澤先生と
ご一緒しているような気持ちで歩いてみようかな。
ちょっと、おしゃべりの多い散歩になりそうだけど。

この散歩党の話を聴いて、「福澤諭吉の散歩道」
を読んで、福澤先生がちょっと身近な存在に
なりました。

〜教えてくださったSさん、ありがとうございました〜

posted by mitsuko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Walkabout

2015年08月02日

久々のフルート、久々のパユ

フルートがまた私の生活の中に
戻ってきました。

こんなに吹けるといいなあるんるん
「彼と同じ時代に生きることが
出来ることって、まあ幸せなこと」とは
最近、ある音楽指導をされている方の
コメント。それほど、凄いけど、
演奏は--特に今日、ご紹介するものは--
軽やか〜。

いよいよ夏休みシーズン、
そんなあなたには、こちらはいかが?

Around the world


去年のフランス革命記念日、7月14日に(ウィーンで)録音を
始めたという、フランスもののアルバムの紹介
彼の解説も中々いいです〜
Revolution - an album of French Flute Concertos


シュワーっと泡ものが飲みたくなりますね(笑)

猛暑ですが、音楽で軽やかな気分をるんるん

posted by mitsuko at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Music

歩く-2


「歩く」のテーマをWalkaboutというカテゴリに
しています。

このWalkabout--ウォークアバウトには幾つかの
意味があることを知ったのは、「歩く」ことを
何か、いい表現で表せないかなあ?と探って
いた時のことでした。

インターネット上の辞書で調べると、

Walkabout (名):
1. アボリジニの青年の放浪の旅
2. 小徒歩旅行 
3. 視察旅行
walk about(動):
目的の無い散歩をする

「目的の無い散歩をする」と
「アボリジニの青年の放浪の旅」、
この2つが結構、気に入っています。

A地点からB地点へ行くことが、
究極のというと大げさですが、
第一の目的ではない「歩く」こと。
これだけでも、非日常の意味合いが
ある、「歩くために歩く」になるかな。

公園を歩く、その周りを歩く、
スロージョギングでもいいんだけど、
基本は、まず、歩く。

もちろん、それがいつもとは違う道であったり、
美しい自然の中であればもっと気分も変わる。

今日、あなたは何歩、歩くために歩きましたか?

posted by mitsuko at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Walkabout

2015年07月14日

ミスティ・コープランド


Misty Copelandのこと、どのカテゴリーに入れるか?
本当に迷ってしまいます。

第一に、素晴らしいバレエ・ダンサーの一人としての魅力。
とてもチャーミング。実際の舞台で観たことはない
のですが、音楽とのマッチングが素晴らしく、なおかつ
柔らかさとシャープさを兼ね備える美。

家族の問題をを乗り越えて、偏見の壁を乗り越え、
スカラーシップを得て進むというライフキャリアの
輝き。

歴史を変えていく例としての存在。

この2つの動画の中では、ソロ・アーティストという
ダンサーの中でも高い方のポジションなのですが、
いよいよ、この7月、最高位、プリンシパルになるという
歴史を切り拓きました。Wall Street Journal

"Misty Copeland made history Tuesday, becoming
the first African-American female principal dancer
at New York's American Ballet Theatre.
Ballet Theatre's artistic director Kevin McKenzie
announced her promotion to principal from soloist today,
a move that expands racial diversity within
the elite ranks of ballet."

「ミスティ・コープランド、バレエ界の新たな
歴史を拓き、ニューヨークのアメリカン・バレエ・シアターの
プリンシパルダンサーになる。バレエシアターの
芸術監督ケヴィン・マッケンジーはコープランドの
ソリストからプリンシパルへの昇格を今日発表、
バレエ界のエリート層の人種多様性を広げた。」





とても優しい語り口で、シングル・マザーである
母とともにモーテル暮らしをしていた過去、
13歳というバレエを始めるには遅い時期に
はじめながら、魅せられていく。

英語も解りやすいので、是非、生の声、
コメントを味わってみてもらえればと思い、
載せてみました揺れるハート

African Americanとして苦労を重ねながら、
自分のような人間が切り拓いて行く。
ひどく傷つく手紙を受け取ったり、コメントを
聞いたりする。「白鳥の湖」をあなたが
やれるわけがない。。。とも、また別の
インタビューで語っています。
でも、乗り越えていく。

Life in Motionという本も出しているようですね。

今後も楽しみですかわいい

posted by mitsuko at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ